〇〇神々からの、緊急メッセージ! 日本を守れ!

緊急事態!
すぐに対処せよ! 何をおいても、真っ先に! 対処せよ!

世界で、最も快適で、超格安な物件、それが日本だ。
インフラが整い、便利で、交通の便が良く、海と山があり、水と空気がきれいだ。

日本が切り売りされている。
それが、外国人による、外国政府による、土地の取得だ。

日本を侵略する必要などない。
日本を、日本の土地を、買い占めればよい。

日本の土地を買えば、国土を買うことであり、国家の主権まで付属している。
これほど愚かな国民が、世界にあっただろうか。

日本国憲法は、他国民や他国の政府が国土を買うことを、想定しない。
外国人と外国の政府が買うことを、許さない前提で、作られているからだ。

これを、解釈で、切り崩している。
実体の経済活動で、不動産取引の不備を突いて、法を、憲法を、冒している。

これが今の日本だ。日本人は、愚かな人間の代名詞になる。
日本ほど、お人好しで、間抜けな、騙しやすい、国民はいない。

知識人や、高学歴者は、日本を守る能力を、発揮していない。
事態の深刻さを、認識できない。そんな知識や学歴など、何の意味があるのか。

日本の国土が、外国政府の土地になる! 
日本の領土が、外国になる! 日本が他国になる!

国土を、外国人に売ることは、領土を、外国に売ることだ!
繰り返す。国土を、外国人に売ることは、領土を、外国に売ることだ!

東京、大阪、京都、これらだって危ない!
議論している時間などない。北海道の白地図化は、規定の路線なのだ!

不動産、土地付きのものは、全て、危険なのだ。
日本の国家は、今や、穴だらけで、虫食い状態なのだ。

政府は、地方自治体は、今や、売国奴になろうとしている。
一刻を争う。政令で、条例で、法律や世論で、即刻、止めなければならない。
日本を守るために、考えられることは、どんなことでも、やらなければならない。