主流派経済学は、誤り、だった。

 

現代版 日本神話 神々の言葉

今、経済学の、国譲り、が必要だ!


「センメルヴェイス反射」、という言葉がある。
これは、今までの常識とは異なる情報を、受け入れない、心理のこと。

院内感染・予防の父と言われた、センメルヴェイス医師は、
妊婦の死亡率が高いのは、院内感染が原因である、ことを究明した。
今では、手洗い、うがい、などの消毒が大事なことは、誰でも分かるが、
当時は、妊婦が産褥熱によって死亡する例が多いのは、常識だった。
それまで、院内感染を疑う医師が、いなかった。

当時は、医師や医学生たちには、自浄力が、機能しなかった。
個人や組織の悪弊を、自分たちで、改める力が、弱かった。 

過ちを改めることが、できなかった。
思考が正常ではなかった。機能不全に、陥っていた。

人間は、それまでの知識や考え、経験を積み重ねて、「常識」を作っている。
そして、多くの人々は、自分の考えは正しい、と思い込んでいる。
素直さが薄れる。謙虚でなくなる。虚心坦懐でなくなる。そして、傲慢になる。

これが、今の日本の重大問題なのだ。
これまでの「常識」が、これからの「非常識」になる。

具体的なニュースになったのが、MMT(現代貨幣理論)だ。
貨幣は、無から、借金から、作られる。
主流派と言われる、古典派経済学の固定した概念は、崩壊した。

イングランド中央銀行が、MMT(現代貨幣理論)を、事実上、肯定しているにも拘らず、
財務省も、日銀総裁も、これを認めようとしない。悪あがきをしている。

巷には、革命が必要だ、という声も起こっている。
日本は、歴史的にも、国内の分断を避けてきた。国譲りが必要だ。

国家と国民を疲弊させる、デフレから脱却しようとしない、増税に拘り続ける財務省や政府。
国民の財産である、日本の国土を保持しようとしない、経済産業省等の省庁や政府。等々。

国家と国民の利益を第一に考える、これからの「常識」に、対応できない、
利権まみれの、これまでの「常識」に拘る、政府や官僚、地方自治体は、議員は、不要だ。

日本が、日本人が、目覚めるときが、旧弊に、国譲りを迫る時代が、到来した。