資本主義と社会主義の違いは何処にあるか?

それは、
誰が政権を握るか、
通貨の発行利益を誰が取得するか、
で決まる。
共産主義は、共産党が政権をとった資本主義だ。
金融資本家に替わり、共産党中央銀行を掌握する。
計画経済は、無関係だ。
計画は、どんな社会体制でも必要なことだ。
要は、それが経済を成長させるかどうかにある。
共産党宣言に暗示する記述がある。
マルクスは知っていた。

日本をデフレから脱却させる方法の考察。 

 

【税率を見直す】 

個人所得の税率を、配当金や法人税より低くする。

*配当金≧個人所得の10倍、

法人税≧個人所得の5倍。 

 

【紙幣の販売代金を額面の80%以上に】 

*政府は日銀紙幣の譲渡額を額面の80%以上とする。  

 

【日銀法に介入条項を明文化】 

*政府は法定通貨の発行及び流通を制限、停止、取り消しできる。

 

令和二年2月15日

 

マルクスから、同士への、伝言。

 

同士へ。

これは大事な伝言だ。

もしかしたら、懺悔になる、のかな。

実は、資本主義が、人間を、間抜けなサルに、した。

だから、サルから人間への社会主義の発展は、嘘だ。

逆なのだ。本当は。

 

国家には、通貨の製造権と発行権がある。

これを、世間では、貨幣高権と呼ぶようだ。

しかし、造幣益は、別だ。

造幣益は、通貨高権に、含まれていない。

これでは、金庫に底が無いのと同じことだ。

せっせと作り上げても、利益は手元に残らないからだ。

利益を、中央銀行に、独占されるからだ。

世界中の中央銀行は、民間の営利企業だ。

今では、通過の発行権を、中央銀行に与える、国もあるようだ。

立身出世したよ、中央銀行は。

 

通貨の製造利益は、国家でなく、中央銀行が独占する。

これが錬金術だ。

この事は、暗号通貨や英国中央銀行が説明した。

 

わたしは、それを、資本論でなく、共産党宣言に、書き残した。

たったの一文で。

たったの一文でだよ。

わかるかな、同士よ。

 

ただ、気になることが、一つある。

盛者必衰のことわりだ。

栄華を極めたものは、必ず滅びる。

 

以上。

マルクスより。

 

 雑感

 

この疑問が解けるか?

日本と英国の、中央銀行の説明の違い。

英銀は、造幣益は利益、資本。

日銀は、造幣益は負債。え?

日銀の造幣益=政府の借金額(年500兆円?)-製造代金(一枚20円位?)+利息。

無利子の「負債」とは、株主配当?上納金?嘘?

日銀は、造幣益を負債で処理するのは、世界の中央銀行が同じように処理している、と説明。

 

 

 

説明の違い。この疑問が解けるか? 英銀は、造幣益は利益、資本。 日銀は、造幣益は負債。え? 日銀の造幣益=政府の借金額(年500兆円?)-製造代金(一枚20円位?)+利息。 「負債」とは、株主配当?上納金?利益隠し? 造幣益の負債処理は、世界の中央銀行が同じ。

 

 

 

少数者が多数者を支配する方法?

少数者の保護は当たり前?

川崎市に奴隷が誕生した?

在日外国人は少数で、日本人は多数者。

アイヌは、先住民で少数、日本人は多数者で侵略者。

野党の特権は当たり前? 与党は多数者。

多数者の不利益は、差別にならず、救済しない?

民主主義を麻痺させる洗脳。

共産主義の原理?

 

 

 

 

 

ご注意の上、健闘を。

お札の造幣益が、なぜ負債になるのか?

日銀は、紙幣について、無利子の「負債」と説明している。

巨額の造幣益=年500兆円?-20円前後/一枚?+利息。

資本、であるはずの造幣益が「負債」?

造幣益が、株主配当でなく、上納金になっている?

 

 

 

 

 

教えてください。

造幣益がなぜ負債になるのか?

負債の内訳は何?

「教えて!にちぎん」は、
日銀紙幣について、日本銀行にとっては、無利子の「負債」、
有利子の資産については、「国債、貸出金等」と説明している。

無利子の「負債」とは、株主配当のこと?

造幣益が、株主(海外?)への上納金になる?

造幣益=年500兆円?-20円前後/一枚?+利息。

 

 

 

 

日本のコインはつぶされる?

原罪=搾取?

造幣益がなぜ負債になるのか?

「教えて!にちぎん」は、
日銀紙幣について、日本銀行にとっては、無利子の「負債」、
有利子の資産については、「国債、貸出金等」と説明している。

無利子の「負債」とは、株主配当のこと?

造幣益が、株主(海外?)への上納金になる?

造幣益=年500兆円?-20円前後/一枚?+利息。

 

 

 

 

原罪=搾取?

造幣益がなぜ負債になるのか?

「教えて!にちぎん」は、
日銀紙幣について、日本銀行にとっては、無利子の「負債」、
有利子の資産については、「国債、貸出金等」と説明している。

無利子の「負債」とは、株主配当のこと?

造幣益が、株主(海外?)の配当になるという意味?

造幣益=政府の借金額(年500兆円?)-製造代金(一枚20円前後?)+利息。

 

 

 

 

 

 

日本共産党の志位氏は、一部改定案では、「市民社会」という用語を使っていますが、「市民社会」という用語は、国連など国際社会ですでに定着している用語で、国連の諸活動に自発的にかかわる個人と団体を包括した概念。「市民の運動」よりより広い意味をもつ。としている。市民は、日本市民でなく、国家を持たない人のこと。

 

 

 

 

全ては、お金が狙い。

信用という、存在しないものへの信仰、資本主義。

原罪をでっち上げた、人間社会。

詐欺まがいの、お金の流れ。

金貸しに借金する、資本主義。

政府に借金する、社会主義

博打と虚飾の世界、信用ある社会。

借金知らずの、にぎわい祭り、江戸庶民。

 

 

 

 

全ては、お金が原因。

信用という、存在しないものへの信仰、資本主義。

本来、原罪など存在しない、人間社会。

借金という原罪は、後世の作りもの。

その証拠は、お金の流れ。

金貸しに借金する、資本主義。

政府に借金する、社会主義

博打と虚飾の世界、信用ある社会。

借金知らずの、にぎわい祭り、江戸庶民。

 

 

 

資本主義は新興宗教

本来、原罪など存在しない、人間社会。

原罪は作られた。

信用とは無、無いこと。

その証拠はお金の流れ。

中央銀行に借金して手に入れる、資本主義。

中央銀行は民間の企業。

政府に借金して手に入れる、社会主義

博打と虚飾の世界、資本主義。

借金知らずの江戸庶民。

 

 

 

 

定義しない、できない、それで良い。

線引きできない、高度と低度、資本主義。

快適、便利、高度な暮らし。

低くて困る、社会主義

暴力、不自由、人権弾圧、当たり前。

共産党の本性が、透けて見え。

生活しやすい、日本共産党、高度な資本主義。

 

 

 

 

日本の花見国会とは違う。韓国では激しい政争

争点は、

一、司法と軍部を大統領の監視下に置く。高位公職者犯罪捜査処の新設。捜査権と起訴権を持つ。

二、選挙法改正案で親北左派の長期政権を狙う。

韓国に、全体主義体制が出現する、恐れあり。

 

 

 

 

憲法9条は、人の命を、守れない。

日本も、日本人も、守れない。

アフガンで活動の中村哲医師が、銃撃され、死亡。

生前のインタビューで「憲法9条が僕らを守ってくれている。我々には手を出さない。むしろ守ってくれている」。

憲法9条に、願掛けしても、ご利益は無かった。

 

 

 

 

憲法9条は人の命を守れない。日本も、日本人も、守れない。

アフガンで活動の中村哲医師が、銃撃され、死亡。生前のインタビューで「憲法9条が僕らを守ってくれている。我々には手を出さない。むしろ守ってくれている」。9条信仰は、結局、神頼み。

 

 

 

日本外交は、今が、転換期。

日本は、ご機嫌窺い外交に、見切りを。

世界平和は、各国の、自立・共存・共栄を基本に。

鳩山氏「アメリカの覇権時代は必ず終わらせなければ」

二階幹事長「日本は独自の考えで中国と対応をしていく。アメリカの意見に従うつもりは無い」。

両氏の発言は、米国への意趣返しか。中國も危険だ。

 

 

 

 

 

 

米中の覇権主義は、共に、諸国の独立を脅かす。

香港人権民主法案」は、中英の合意を監視するもの。

日本は、米中のご機嫌を窺う、外交をすべきでない。 

世界平和は、戦時日本の、自立・共存・共栄を基本に。

「中国、韓国、日本および東南アジア諸国による東アジア共同体」は諸国の独立を害する。

中国は国内で貧富の格差が際立つ。

中国の「一帯一路」は諸国を属国化する。

MMTとは何だったのか?

 

 

MMTまとめ

 

MMTは、民間企業である中央銀行を儲けさせる政策。

国債を発行すること。

日銀紙幣を発行すること。

500兆円以上?

中央銀行が債権者になること。

債務者は、政府。

政府の借金を支払うのは国民。

返済者は国民、納税者。

返済のがれは、免税者、優遇税制、法人税ゼロ。

 

以上。

日本で進められている分割統治作戦

 

日本を解体する作戦。

 日本で現在、進行しているのは、分割統治策。 日本は細切れに。

アメリカは、空と海と、急所。日本政府中枢の制覇。それは中央から地方へ。

中国共産党韓半島の勢力は、地方から中央へ。

この作戦を支えるのは、国家と国民を窮乏させるデフレ政策、増税

そして自治基本条例、常設型。入管法生活保護等。在日本外国人への優遇策。

 

日本国内は、大きく分けて三極に。

 

日本独立派は、まだ少数。

この少数派の動向が、日本の未来を決める。

 

分割推進者が憲法改正

日本独立派が少数のままで、憲法の改正を議論しても、行き着く先は見てとれる。

幻想に誘導されるだけ。

現実の推移に疑問を持たないのは、お人好し? 愚か?

解体ショーは、敵の力で、押し切られる?

 

以上。

世界は、お金と土地の、争奪戦。

統合政府論は、現実を無視している。幻想にもならない。

 

 

統合政府論とは、日銀は公的な機関だから、政府と日銀のバランスシートを合体させて統合政府として捉えればよい、とする考え方。

しかし、日銀は、民間の企業で、公的な機関でない。

したがって、日銀と政府とを合体させて、会計処理できない。

日銀紙幣の発行という現実を見れば、政府と一体とみるべきなのは、国民だ。

 

 

お札の流れは、「国債=日銀紙幣」も「政府紙幣」も同じ。

印刷局 ⇒ 中央銀行 ⇒ 市中銀行 ⇒ 国民。

 

 

国債=日銀紙幣」の発行とは、

政府が中央銀行に借金すること。

中央銀行は民間企業。

債権者 = 中央銀行 > 債務者 = 政府 ≧ 国民。

お札は、政府が借金していること示す、借用証書。

お札 = 日銀紙幣 = 借用証書 = 私幣。 

 

 

政府紙幣」の発行とは、

中央銀行が、お札を市中に流すことを、政府に約束する、事務委託。

事務委託の面で、債権者と債務者の関係に、ある。

中央銀行は民間企業。

お札は、政府が支払いを保証している、保証書。

政府 ≧ 国民。

お札 = 政府紙幣 = 保証書 = 公幣 = 公平?

例 硬貨、江戸時代?

 

 

国債の売買などの、銀行間の取引

中央銀行 ⇔ 市中銀行】は、政府と国民には、関係しない。

 

 

社会主義国のお金。

債権者 = 共産党 = 政府 = 中央銀行 > 債務者 = 国民。

お札 = 党幣 = 借用証書。

 

以上。